幸せなバスタイムでお肌もピカピカ

今日は仕事が休みだったので、朝からバスタイムでリラックスをしました。最近忙しくて毎日帰りが遅く、メイクも落とさずに寝てしまう日々だったので、顔も体もお肌はガッサガサ。あったかいお風呂にバラの香りの入浴剤を入れて、ゆっくり浸かるとバキバキになった体がゆるゆるになりとてもリラックス。ああー幸せです。防水のラジオでヒットソングも聞いて楽しみ、水筒を持ち込んであったかい茶を飲んで水分補給もばっちり。
体が温まったら、先日友達にもらったアルガンオイルでメイクをしっかり落としました。しっかり泡立てた洗顔せっけんで顔を洗います。泡はもうこれでもかというくらい泡立てて使っています。洗顔はやっぱりちゃんと落ちるのが大切ですよね。メイク落とさず寝てしまった日々が悔やまれます。
頭もシャンプー、コンディショナー、トリートメントをしっかり行いました。最近新しいシリーズを揃えて、髪の毛の指通りのいいものに。お気に入りのものを使うと気分が上がります。体もしっかり泡で洗ったら、スクラブで膝、かかと、肘をマッサージしてツルツルに。これがまた、グレープフルーツの香りでいいんですよね。
お風呂から上がったら、ボディ用のクリームをしっかり縫って保湿。上がったら5分以内に塗らないと水分が逃げちゃうようなので時間と勝負です。
顔は化粧水、乳液、美容液を塗り、私はさらにカサカサしやすいところには皮膚科で出されているプロペトを薄く塗っています。これを塗ると塗らないとでは次の日の化粧のりが全然違います。ヘアドライヤーでしっかり髪の毛を乾かしながら、軽くストレッチ。固い体の持ち主なのですが、日々続けていくと柔らかくなってきた気がしています。
温かいミルクティーを入れて、雑誌をゆったり読んだりする穏やかな時間が流れます。心も体もリフレッシュできました。BGMにボサノバをかけたらカフェ気分です。カフェに行くと1000円くらい使っちゃうので、おうちだと節約できるしいいですね。明日はお風呂で最近買った推理小説でも読もうかな。PRサイト:ダイエット

シワの出来る原理とは?

シワはどうしてできるのか?
あなたは考えたことがありますか?
シワの出来る原理についてお話しましょう。

人の肌には線維芽細胞という細胞があります。
これは活発に働くと、コラーゲンを作り出したり、エラスチンを作り出したりする役割があり、肌のハリを保ち、シワを予防してくれるものになります。

線維芽細胞の周りには作り出されたコラーゲンで囲まれており、このコラーゲンが肌のハリを保っているのです。

また、コラーゲンとコラーゲンを繋げる役目をしているのがエラスチンと言われるものです。
これがしっかりとコラーゲンにからみつくことで肌に弾力を生んでいるのです。

エラスチンがうまく機能しなかったり、不足すると、コラーゲンを支えることができずに肌にシワができてしまうのです。

このようにコラーゲンとエラスチンが相互に作用して初めて肌のハリを保つことが出来るのです。

年齢とともにどちらも不足しがちになりますので、それを外部から刺激し、コラーゲンとエラスチンの効果を上げる必要があります。

その役割を持つのがナールスピュアなのです。

ナールスピュアが肌の奥まで浸透し、線維芽細胞に作用することで、コラーゲンの生成とエラスチンの生成を助けてくれるので、肌のハリを保つことが出来るのですね。

ぜひ、このナールスピュアをお使いになって、効果を実感していただきたいです。